集中力の求められるライン作業とは

流れてくる製品に部品を取付ける

工場で作るものには受注生産のように一つ一つ仕様が異なるものもあれば、大量生産のように同じものをたくさん作るときもあります。ライン作業があるのは大量生産を行うタイプの工場で、採用されるとラインの一担当者となって仕事をこなさなければなりません。それぞれの担当者には決まった部品を取付ける役割が与えられていて、流れてくる製品に対して同じ作業をしていきます。慣れればそれほど難しくありませんが、ベルトコンベアが一定スピードで流れているので自分の作業が遅れると次の作業者に影響する可能性があります。そのために集中して一定時間内に作業をする必要があるでしょう。入りたてなら簡単な作業が割り当てられ、ベテランになると難しい作業を担当できるようになります。

座って行う作業と立って行う作業

工場で作られる物には自動車のような大きなものもあれば、お弁当など小さいものもあります。どちらでも取られている製造方式にライン生産方式があり、従業員は製品ごとのライン上に待機して各々の作業を行います。自動車や冷蔵庫などの大きなものを製造する時には、取付ける部品も大きくなるので立っての作業が多くなるでしょう。取付けるときには電動工具などを使うときもあるので、集中して作業をしなければけがをする可能性もあります。食品工場などでお弁当などを製造するときは材料を詰めていく作業があり、この時は座って行えるでしょう。座っての作業は細かい作業を必要とするときもあるので、集中して自分の担当作業をこなさなければいけません。